周辺の環境に気を配ろうと考えていったときに、タバコではなくて電子タバコVAPEに切り替えるといった方法は良かったりします。タールやニコチン等を含んでいたりするので、タバコは健康被害的にもかなり悪影響があると考えられています。そこでVAPEならばそうしたタールやニコチンを含んでいないので、健康被害的にも周辺への配慮にもとてもメリットがあったりします。さらにタバコはかなり値段が高くなってきていたりするので、お財布事情に関してもとてもつらいものだったりします。しかし電子タバコだったならば、最初の道具さえ揃えてしまえば、かなり安い値段で吸い続けていくことができるようになります。まずはいろいろな下調べをしながら、どのような味があるかといったことを確認していくことが大事です。そうした味を色々と発見するといったこともVAPEの大きな楽しみとなったりします。

VAPEの使い方人気の秘密

おしゃれ電子タバコの地位を築いたVAPEは、若者を中心にその利用者が増加しています。火を使わず熱してできた水蒸気を吸う方式です。有害物質が煙となって外に出ることがないため、昨今問題となっている副流煙による害はありません。海外では当初、禁煙時にタバコの代わりに口寂しさを紛らわす道具として利用されていまたが、最近は事情が異なってきておりファッションアイテムとして人気が出てきています。さらに、ニコチンを含む製品もありますが、日本国内に輸入する場合は、薬事法の制限によってニコチンを含まないタイプだけが販売されているのが現状です。国内でも人気の広がりを見せていますが、その理由は単に禁煙の代替物というわけではありません。カートリッジのファッション性、気軽に試せる、バリエーション豊かなリキッドなどで楽しみ方も多彩なものとなってきており、若者心をくすぐるマーケティングが勝利しています。

VAPEについての基礎知識

VAPEとは、電子タバコの通称であり、リキッドと呼ばれる香りの付いた液体を熱して蒸気を発生させ、それ吸うための器具のことです。禁煙に用いられるほか、フレーバーの風味を楽しんだり、ファッションアイテムとしても利用されています。VAPEの構造は、熱を発生させるための電気を貯めておく「バッテリー」と、リキッドを気化するための噴霧装置である「アートマイザー」、そして吸い口になる「カートリッジ」という、主に3つの部分から構成されています。またこの3つの部分は、分解や取替えが可能なため、自分の好みに応じてカスタマイズすることができます。そしてリキッドについては、女性に人気があるフルーツ系やスイーツ系のフレーバーをはじめ、タバコ系や、メンソール系などもあり種類が豊富です。また、ニコチン入りのリキッドについては、法的な制限により日本では販売されていません。